本文へスキップ

〒252-0307 神奈川県相模原市南区文京2-4-28
e-mail: info@gigatec.co.jp

ソフトウェア製品一覧SOFTWARES

 

 各製品の詳細については製品名をクリックして参照できるよう、逐次整備していきます。

WIN-RAD  ESR Data Analyzer

 (株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製およびMagnettech社製の汎用ESR測定・解析ソフトウェアです。このソフトウェアはユーザの目的に応じて以下のようなコンポーネント(アドインソフトウェアの一種)を組み合わせて購入していただけます。また、後から必要になったコンポーネントを追加することも可能です。標準的な組み合わせとして、WIN-RAD+測定コンポーネント+基礎解析コンポーネント+複合スペクトルコンポーネントを推奨しています。

WIN-RAD付属コンポーネント

測定コンポーネント
 ESR分光計とオンラインで接続してスペクトルを測定しデータを収集するコンポーネントです。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。     
基礎解析コンポーネント
 測定コンポーネントで得たスペクトルから自動的に注目するESR信号の強度、g値などの基礎的パラメータを解析・保存します。その他積分解析、微分スペクトル、磁場間隔などの多様な解析手段を提供します。   
複合スペクトルコンポーネント
 複数のスペクトルから成る図をMicrosoft社のPower Pointへ張り付け可能な形で作成します。また、積算など複数のスペクトルを比較・解析する手段を提供します。   
ESRデータインポートコンポーネント
 旧 日本電子製ESPRITやBrukerの分光計で得たデータなど各種のESRスペクトルデータをWIN-RADシステムへインポートし解析可能にします。オフラインですが、このコンポーネントの拡充によりあらゆる形式のスペクトルデータのシステムへの取り込みを可能にします。   
等方性シミュレーションコンポーネント
 S=1/2の溶液試料の等方的なESRスペクトルのシミュレーションを行います。最高のアルゴリズムに基づきアセンブラを用いて組み上げたソフトウェアのため、高性能で高速なデータ処理が行えます。
異方性シミュレーションコンポーネント
 S=1/2の固体試料(粉末試料、凍結溶液試料)の異方的なESRスペクトルのシミュレーションを行います。最高のアルゴリズムに基づきアセンブラを用いて組み上げたソフトウェアのため、高性能で高速なデータ処理が行えます。線幅の中心金属MI依存性を指定できるため、核スピンが大きく困難な遷移金属のスペクトルシミュレーションの精度が向上しています。
スピンラベルコンポーネント
 スピンラベル剤のESRスペクトルから生体膜の流動性解析を行います。オーダーパラメータ、回転相関時間、疎水性パラメータの自動解析を行います。
Dipolar EPR コンポーネント
 2個の近接したスピンによるESRスペクトルは双極子双極子相互作用(diploar- dipolar interaction)によってブロードニングを起こしますが、その程度は2個のスピン間の距離に依存します。本コンポーネントでは、この効果を利用して2個の近接したスピンラベル間の距離を求めます。
フロー測定コンポーネント
 フローシステムを用いたESR測定を行います。キャビティへのサンプルの抜き差しを行う代わりに、サンプルをポンプでキャビティへ導入するため繰り返し再現性がよく高精度定量に適した方法です。 以下に述べるフロー測定システムと合わせてご検討ください。

WIN-EKS  ESR Kinetics

 ESR信号強度の時間変化解析を行います。ラジカル反応解析、反応速度定数の解析が可能です。時間変化トレースはそのままMicrosoft社のPower Pointに張り付けることができます。以下のようなコンポーネントがあり、標準的な組合わせとしてはWIN-EKS+測定コンポーネントを推奨しています。

WIN-EKS付属コンポーネント

測定コンポーネント
 ESR分光計とオンラインで接続して通常のESRスペクトル、磁場固定状態でのESR信号の時間変化、狭い磁場領域内を繰り返し測定することによるESR信号ピークの時間変化評価、速いラジカル反応のスペクトルを記録するスナップショット測定などあらゆるKinetics情報のための測定手段を提供します。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。   
複合データ処理コンポーネント
 複数の時間変化トレースから成る図をMicrosoft社のPower Pointへ張り付け可能な形で作成します。また、複数のトレースから得られるパラメータの比較・解析する手段を提供します。

WIN-EAS  ESR Assay System

 測定したESRスペクトルを用いたあらゆる定量解析の手段を提供します。多種多様な検量線を用意しておりユーザが希望する方法で未知試料の定量をESR理論の理解なしに実現できます。オンラインでハイスループットに測定しながら定量値を自動的にデータシート上に蓄積します。一連の測定終了後にはすぐ報告書が出来上がっています。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。

WIN-FIA  ESR Flow Injection Analysis

 後述するフローインジェクション方式のフローシステムを用いてラジカル種の定量を行うためのソフトウェアです。希望するESR信号のピークに磁場を固定しその時間変化を測定します。インジェクタやオートサンプラから注入されたサンプルがキャビティへ到達したときに信号郷強度の変化が起こり通常のHPLCのようなピークを得ることができ再現性よく高感度の定量を行うことができます。またキャビティとインジェクタの間にカラムを接続すればESR検出のHPLC装置が出来上がります。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。

WIN-HMO  Huckel-McLachlan分子軌道計算システム

 π電子系有機化合物のESRスペクトルから得た超微細結合定数を分子構造と結び付けて考察する際に必要な最も単純な分子軌道計算法を提供します。ソフトウェア上に化合物の分子化合物の簡略図をマウスで書いて実行ボタンを押せば瞬時にHuckel分子軌道波動関数が計算でき、超微細結合定数の予想値となるMcLachLan修正電子密度も計算されます。これにより、発生しているラジカル分子の同定のための情報を得ることができます。オフラインのソフトウェアです。

抗酸化能評価システム

 抗酸化物質の抗酸化能の評価に特化し再現性のある結果をを提供します。ESR理論に対する知識を全く必要としません。スピントラップ剤、ラジカル発生系、および抗酸化物質の3者による生成ラジカル量の増減から抗酸化能を表すパラメータを自動算出いたします。WIN-EASと同様大量の未知試料を連続的に測定しながら解析結果をデータシートへ蓄積していきます。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。

照射食品検知システム

 滅菌や品質保持のために放射線を照射された食品をESRを用いて検知するソフトウェアです。照射食品検知に関する公定法(平成19 年7 月6 日付け食安発第0706001 号(最終改正:平成22 年3月30 日付け食安発0330 第3号))に準拠しています。セルロース、糖、骨、および貝殻を含む照射食品の検知については、単に未知試料のESRスペクトルを測定するだけで自動的に解析されて放射線照射の有無を決定するためのパラメータが内蔵されています。全くESRに関する知識がなくても機械的に測定するだけで結果が得られ、多数の結果が自動的に表形式で蓄積されます。また、上記以外の測定対象に関しては、各種パラメータを独自に設定することによりユーザ定義の照射物検知システムを組むことができます。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。

アラニン線量計

 アラニンペレットにガンマ線を照射して得られるラジカルのESR信号がガンマ線照射量に比例し、その比例関係が低線量から高線量までワイドレンジで成り立つことが知られている。本ソフトウェアで、アラニンペレットを用いてガンマ線照射施設におけるガンマ線照射量を厳密に評価することができます。全くESRに関する知識がなくても機械的に測定するだけで結果が得られ、多数の結果が自動的に表形式で蓄積されます。(株)JEOL RESONANCE (旧 日本電子)製ESR分光計 FE/RE/TE/FA/X シリーズ、およびMagnettech社MS400に対応しています。

SumReport  報告書作成システム

 ESRを用いた試験結果を顧客に対して提示する必要のある施設において、その施設独自の報告書のフォーマット作成を支援するシステムです。一旦フォーマットを決めてしまえば、後は各種の測定結果ファイルを指定するだけで、ユーザが定義したフォーマットでの報告書が一瞬で出来上がります。オフラインのソフトウェアです。

バナースペース

ギガテック株式会社

〒252-0307
神奈川県相模原市南区文京2-4-28

info@gigatec.co.jp